髪にやさしく

婦人

髪を傷ませないように

パーマをかけなくても、その日の気分でいろいろなヘアスタイルを楽しめるアイテムとして、ヘアアイロンがあります。ストレートとカールタイプの二つを持っていれば、どんな髪形も自分で簡単に作ることができるので便利です。ヘアアイロンで髪に癖をつける場合、持つ場所を誤ったら火傷してしまうので、きちんと説明書を読んで使用しましょう。そこで、ヘアアイロンを使う際は、温度設定と髪にあてる時間に注意するようにしましょう。温度設定としては、少し低めの140度くらいが髪にやさしいのでおすすめです。髪にあてる時間は、長くても30秒くらいが目安になります。長くあてておくとカールがつきやすくなりますが、ダメージも大きくなるので注意しましょう。緩く巻くだけで、ワックスなどを使えば十分アレンジできます。

つやが出るものも

最近のヘアアイロンは、開発が進み、髪を傷ませにくいものや、使えば使うほど髪のつやが出るものも出てきています。一般的なヘアアイロンに比べ、そうした機能の付いたものは割高にはなりますが、長い間使用することを考えるとかなりお得な買い物になるでしょう。髪をいたわりながら、好きなヘアスタイルを楽しめる商品は、女性の強い味方です。ヘアアイロンで癖をつけたとしても、雨の日や湿気の多い日ですと、癖がとれやすくなることがあります。また誤った使用法でヘアアイロンを使うと、髪のダメージも蓄積されていくため、きちんとした使い方を押えておきましょう。加えて、雨の日などは使用せず、ドライヤーのブローだけで済ませて髪のダメージを回復させることも大切です。大切な日のためにヘアアイロンを使いこなせるよう準備しておけば良いのです。

Copyright© 2017 今話題のノンシリコンシャンプーの魅力を知ろう! All Rights Reserved.